外人売りに転換か

昨日のダウは90.07ドル高、ナスは31.19ポイント高で反発。5月耐久財受注額が前月比2.8%となり売りが先行した。しかしハイテク株の堅調や石油株の買いなども入って徐々に買い優勢に転じたと見られる。

財務省による先週の非居住者の株式の取得処分状況の発表は取得63799億円、処分68203億円で4404億円の売り越し。一ヶ月以上続いた買いから転換。
ただ、アメリカや中国市場の軟調を受けて資金を作るために手仕舞いをしているのか、出遅れているのにその他の市場に連れ安する日本市場に見切りを入れたのかは不明。

いずれにしてもここ2ヶ月以上2週連続の売り越しはなかったので、今週の結果が気になるところ。
ただ今週はどちらかといえば軟調なので売り越しが続いている可能性もある。



ポチっとして頂けると嬉しいです。
人気blogランキングへ
こちらもぜひ
ブログランキング
ついでにもうひとつ
にほんブログ村 株ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック