参議院選挙の結果と新聞の社説

金曜のダウは208.10ドル安、ナスは37.10ポイント安で大幅続落。第2四半期GDP速報値は市場予想を上回ったことからスタート直後は上昇したが、信用リスク懸念と原油先物価格の急反発から売りが進んだ。

昨日の選挙は予想通りの自民党の大敗。結果的に年金問題+閣僚の問題が逆風になったということ。
個人的にはそれが何か?という考えだった。

今読んでいる『投機学入門』に嫉妬からくる小さな正義感が一番危険というのがあったけれど、今回もそれに近いんじゃないかという感覚がちょっとあるかな。
それと産経の社説を見て、余計に年金だとか政治と金とかで判断するのはどうなんだろうと思ったけれど、大多数の人はそうではなかったらしい。
ちなみに投資をしている人はどうだったんだろう?

少なくとも外人が日本を買っているのは業績というのももちろんあると思うけど、アメリカ型の普通の欧米人が理解できるような経済形態になろうとしているという部分があるんじゃないかと思っているので、改革の流れの停滞は外人離れを招くのではないかと考えているので、政治の混乱→経済の混乱は市場に対してはいい影響を与えないと思うんだけど。ただここのところの下落を見ると株価にはすでに織り込まれているのかなという感じもしないではないけど。

http://www.sankei.co.jp/ronsetsu/shucho/070729/shc070729000.htm

ついでに前日の朝日の社説はこれ


今朝の朝日と産経の社説はこんな感じ。

朝日新聞
http://www.asahi.com/paper/editorial.html

産経新聞
http://www.sankei.co.jp/ronsetsu/shucho/070730/shc070730000.htm

引っ越してから産経と読売を読むようにしたんだけど、両極端でほんと面白い。


ポチっとして頂けると嬉しいです。
人気blogランキングへ
こちらもぜひ
ブログランキング
ついでにもうひとつ
にほんブログ村 株ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック