何考えてんだか…

キャプテンがまた暴走している。

反町監督「怖い」…川淵C事情聴取「協会トップとして当然意見を言う」

中国での試合を受けて、最終予選が心配になったキャプテンからの呼び出しとやらがあるらしい。
ボツワナ戦は選手のモチベーションの低い試合だったというけど(試合は録画したけどまだ観れてない)、中国戦は対象外として北朝鮮戦はU-20と22が融合できた試合だったんじゃないかと思うんだけど。

試合自体を自分で確認できていないから、どういうサッカーができていたのかわからないので妥当なのかどうかの判断ができないんだけど、
それはキャプテンのやることなのか?という疑問があるね。

そういうことに対する対応をするために技術委員会があるんじゃないのかな。

だいたい、過去をトルシエのときの南米選手権だったり、ジーコのときのワールドカップ1次予選のときだって、そんなことしてなかったんじゃないかって思うと日本人にはできるんだなって感じ。

まあ、話し合いってのはどっちのときもしていたから、そういうニュアンスなのかもしれないけど。

ただ、現場をあずかるのは監督、その方向性を見るのは技術委員会なんだからキャプテンはもっとおとなしくしていてほしいところだね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 少年サッカー強化塾・俺FC

    Excerpt: 少年サッカー強化塾・俺FC少年サッカークラブでは全く同じ指導を受けているのに活躍できる子とできない子が存在します。もちろん人数が決まっているのでそうなってしまうのはしょうがないことといえばそうなのです.. Weblog: サッカー、FIFAワールドカップの情報 racked: 2007-08-12 09:22