安倍総理辞任!

安倍首相が本当に突然という感じで辞任した。

辞任の意向固める 政権の維持困難と判断

タイミングとしては世の中で言われているように最悪に近いのは間違いない。

ただ、無責任と言っているメディアを見ていると、ちょっと前まで参院選で惨敗したのに辞めないのは無責任だと言っていた気がするんだが。
野党にしても無責任と言っていたが、確か問責決議案を提出すると言ってなかったかな?

問責というのは責任を問うということだから基本的には責任を取って辞めさせるということを目指しているはずで、だとすると責任を取って辞任ということであれば、無責任と責めるのはおかしいように感じる。

自分で辞めるのは無責任で、人が辞めさせたら責任を取ったということになるんだろうか?


また所信表明をしたのに辞任するのは無責任というのもあったけれど、じゃあ、所信を表明したら前の選挙の責任はチャラになるということになるのかな。

個人的には続投することで責任を果たせと主張している人が辞めたことに対して無責任と責めることは当然だと感じるけれど、責任を取って辞めろといっていた人が辞めることは無責任と話すことくらい矛盾した話はないと思う。

ほんと適当だなという感じ。


では、安倍首相の辞任に対して自分がどう思っているかというと、参院選の結果を受けても辞める必要はないと思っていたので今辞めるのは無責任だと思う。
それは他の人が果たして今の流れを継続してくれるのかが分からないからというのが一番大きい理由になっている。

ただ、辞めざるを得ない状況になったことに関していうとかなり同情をしていたりする。

それは1年前に総理になってからというものほとんどいじめと変わらない状況に耐えなければならなかったからね。
何しろ朝日、NHKという巨大メディアは敵になる(朝日は過去の社説を見るとどう見ても、戦後の流れを変えようとする安倍総理には批判的だった)、公務員制度改革をしようとするから官僚も敵になる。

政治と金という意味でいうと改造内閣になってから続々と情報が出てくるのは何とかして安倍さんを辞めさせたいと思っているところからのリークじゃないかという気がするんだけど。

味方になるのは勝てそうだからと擦り寄っていた与党の年寄りばかりで、もともとの安倍総理を支持していた人は対中の曖昧戦略に失望して離れている。
閣僚はそれぞれ好き勝手なことを言っては責任をなすりつける。

歴代の政権が先送りしてきた将来の日本に関わる問題を次々変えていったけれど、その中身を見ようともというかどうなるか考えようともしない国民。

ほとんど四面楚歌といっていい状態では心身ともに疲れ果てるのは道理かなという気もする。
理解者がいない中で改革をするくらいストレスのたまることはないだろうし。


ただ、本当の政治家はたとえ味方が1人もいなくてもそれが将来の国のためになるならば喜んで汚名を着るくらいのことができる必要があると思うんだけど、それを今の日本人に託すのはかなり無理かなという気もする。

この後だれが総理大臣になるのか分からないけれど、せっかく変わりつつあるこの国の形を元に戻すのだけは勘弁してもらいたいな。



ポチっとして頂けると嬉しいです。
人気blogランキングへ
こちらもぜひ
ブログランキング
ついでにもうひとつ
にほんブログ村 株ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 安倍総理が辞任

    Excerpt: 安倍総理が突然の辞任! 12日、こんなニュースが日本を世界を駆け巡った。 まさに晴天の霹靂 Weblog: ミニミニ放送局 racked: 2007-09-13 15:53