新 三河物語

宮城谷 昌光さんの「新 三河物語」を読みはじめた。
三河物語が大久保彦左衛門の書かれたものだからか、大久保一門がメイン。
上巻は桶狭間から始まって三河一向一揆まで。



そのまま中を読み始めたけど、武田信玄の駿河~遠江攻略について書かれたところが
あって気になって、武田信玄の本を読みたくなったら、昔買ったこの本を発見。
積読が役に立ったかな。



それにしても「新 三河物語」読んだらまた信長の野望で徳川(松平)がやりたくなってきた。
前に「風は山河より」を読んだときもそうで、あの時はわざわざエディットで菅沼一門作ってやってたし。
何と言うか癖になっている感じ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック