バルセロナのトレーニング方法

現在、世界最高レベルのクラブであるバルセロナのコーチによるトレーニング方法がたくさん載っている本。

特徴的なのは個人技術のテクニック系がほとんど無いという点。
考え方としてはサッカーの試合の中で効果的にプレーするために必要なトレーニングをやるというところで、練習のための練習ではなく、あくまでも試合を想定した練習となっている。
テクニックについてはそういう練習をする中で必要とするものについて、こういうテクニックもあるよと紹介するようなイメージかな。

対象は小学校低学年から高校まで。

あとチームの練習をする前にチームのプレーイメージを固めて、それに伴ない必要なチーム戦術は何かと考え、更にそのチーム戦術を実行するために必要な個人技術を手に入れるという考え方はすごく重要じゃないかなと思った。

例えば、鹿島に置き換えると、チームのプレーイメージは前線からのプレス、奪ってショートカウンター、中央よりもサイドを攻略する形。
そのための戦術としてはプレスをかけ方、ショートカウンターをするための攻守の切り替えの速さ、MFとサイドバックの連携、もしくはFWとサイドバックの連携、その際の中央の攻め方というのがある。
で、その形を身に付けるための練習を考えるという感じかな。

あと、ウォーミングアップの後にミニゲームをやって、その中で出てきた課題を克服する練習をやって、最後のミニゲームでその効果を確認するという流れは結構効果的かなと思った。
ただ、それをするにはその場その場で出てきた課題を対策するための練習方法を出すことが必要になるからコーチの引き出しの多さが重要というかコーチが大変だなぁという気がする。

今年の高校選手権とかでバルセロナのようなチームを目指すチームが多かったみたいだけど、練習についてどれくらい反映できているのかなぁ。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック