政党乱立しているので

今回の衆議院選挙ではたくさんの政党が乱立していて分かりにくいという人がよくTVに出てくるので、大学病院に例えて考えてみた。

まず、民主党。ここは、教授になりたいだけの医者という感じ。でも最近はミスばかりしてちょっと評判を落としている。

同じように教授になりたいタイプとしては維新の会、出身母体が民主党が多い未来の党も同じかな。

みんなの党、共産党、大地、社民党、国民新党はどんな患者でも手術すれば必ず治ると思い込んでいる外科医みたいな感じ。
本当は外科手術が必要ない患者でも手術してしまうようなタイプ。

改革は政治家は品格をもつべきといっていたので、教授選に出るわけでもないし、手術をする訳でもない、なんとなく病院にいて、医師とはこうあるべきだと小声でつぶやいているような医者かな。

今の問題(デフレという病気)に対して、きちんと診断して治療方針を明確にしている政党はこの中にはいないかなという感じ。

その中では自民党は比較的、病気をきちんと認識して治療法を考えようとしている医者のように今は見えるかな。
他の政党は病名は分かっていても治療法を知らない、もしくはやりたくないというように見えてしまう。

最近いろんなチャンネルで党首を集めて話を聞いているんだけど、それぞれが同じような質問しかしていないので、この際だから他のTV局で話した内容を反映して突っ込んだ質問をするとかすればいいのに、そういうことができていないのが不満。
ただでさえ、今回の選挙はたくさんの政党が乱立して一つ一つの政党が話をする時間がないんだから、ちょっとは協力しろよって感じ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック